おかめWEBトップ > 名誉会長の昔あれこれ

240号 誠心、誠意~昔あれこれ最終回~

-2009/01/01-

私は正攻法が好きである。正攻法は基本を追求する過程で生まれるものだが、複雑なものも分かりやすく簡単にするメリットがあるように思う。人との交わりで 言えば「誠実に接する」と言うことになろうか。「百術は一誠に如かず」と言った人があるが、現世は"策"が多すぎ、"策"を弄ぶきらいがある。"策"を弄 するばかりしていると策に溺れることが多い。


続きを読む

239号 百聞は一見に如かず

-2008/10/01-

今回は昭和43(1968)年4月に初めて欧州に視察旅行に行った時の話をしよう。北回りでヨーロッパへ約27日間の旅だった。当時は、欧米へ旅すると聞 くと人々が目を輝かせ、憧れたものである。知人なり、取引先の方たちまでが、厚みのある餞別を下さり、なかには駅頭まで、親戚に至っては空港までにぎにぎ しく見送りに来てくれるような時代である。


続きを読む

238号 オーエムマークへの想い

-2008/07/01-

オーエムロゴマークみなさんは、オーエムのシンボルマークの意味をご存じだろうか? 現在使っているオーエムのシンボルマークは、オーエム工業が創業50年を迎えるに当たり "次なる50年への飛躍"の思いを込めて、1993年10月1日にCI(コーポレート・アイデンティティ=企業イメージ統一)を導入し、事業の活性化を目 指したときから使用されている。


続きを読む

237号 庭に想う

-2008/04/01-

失礼して、横着をさせていただく。今回の私の文章は、30年以上も昔、三菱自動車㈱の協力会だった柏会の昭和50年3月号の会報に寄稿したものである。ただ、現代に通じるものもあるかと思い、おかめに紹介したい。


続きを読む

236号 社是への想い

-2008/01/01-

オーエム産業㈱の栃木工場は、建物が完成したとのこと。故岡本工場長の長年の夢であった関東地域への工場進出である。工場建設の負担が加わり、厳しい経営環境になるだろうが、みんなで力を合わせて新しいオーエム産業㈱をつくっていっていただきたい。


続きを読む

235号 21世紀への想い

-2007/10/01-

オーエム工業四十年史(1985年発刊)に、21世紀への視点という章がある。以下にその全文を掲載する。


続きを読む

234号 庚申様を想う~三和宮に込めた想い~

-2007/07/01-

そういえば、数号前の昔あれこれに夫婦で神戸を訪れたことを書いたことを思い出した。別の機会にともったいぶったわりにたいした話ではないのだが、私たち が暮らした家はすでになく、阪神大震災の影響もあってすっかりと街並みも変わり、皆目見当がつかなくなっていた。交番のお巡りさんに教えてもらい、この辺 りだと見当だけつけて岡山に帰ってきた。それでもこんな歳になって夫婦そろって家族といっしょに神戸を訪れることができただけで"よし"であろう。


続きを読む

233号 友を想う~安全はなににも優先~

-2007/04/01-

2月に誕生日を迎えて、満92歳になった。たくさんの人のご厚意でこの歳まで生きてこれたと思う。今回は岡山県工業学校(岡工)の同窓生であり、日興電化 工業㈱時代から会社を支えてくれ、会社の基礎づくりに大きな貢献していただいたことはもとより、個人としてもたいへんお世話になった美山幸光氏を紹介した い。


続きを読む

232号 経営危機に想う~あらためてありがとう~

-2007/01/01-

昭和40年から5年間続いた「いざなぎ景気」が終わりかかっていた昭和44年(1969年)、岡山メッキ工業㈱は存亡の危機に直面していた。「こんなに景 気が上向いている時に、土地を買い、人を増やして成長させようとしない経営者は無能」と言われていた時代、私は盲目的に自動車産業の成長を信じていた。


続きを読む

231号 ペットに想う~わが家族~

-2006/10/01-

私は大のペット好きである・・・が、手を焼くようなことや面倒なことは家内などに押しつけ、まことに勝手なのだが"可愛がることだけの専門家"である。気が向けば散歩に連れて行くが、毎日となると気が進まない・・・でも大好きなのである。


続きを読む
1  2
このページのTOPへ