おかめWEBトップ > 弥高山がみてる(オーエム機器) > 弓道 開発課 田本由佳里

弓道 開発課 田本由佳里

-2016/01/18-

IMG_1.jpg開発課の田本です。あと2,3ヶ月程で入社して一年が経ちます。月日が流れるのは早いですね、そしてブログの出番も。


趣味の弓道について書いていきたいと思います。

弓道には、28m離れた的を狙う近的と60m離れた的を狙う遠的とがあります。基本的には近的で、直径36cmの的を射ます。弓道は通常、的に的中したかどうかで判断しますが、あたった位置で勝負する得点的というものもあります。少し見づらいですが、的の画像の右側の的には鯛の絵が描かれており、部位によって点数が決められています。

矢の本数ですが、通常24本を持って射場に入ります。放つ矢は1本ですので、1本は弓に、もう1本は右手の薬指と小指で持ちます。落ちそうで落ちないんですよ、これが。
 

 

IMG_2.jpg私が弓道を始めたのは高校の部活からです。学校に弓道場が無く、市営の弓道場まで行って弓を引いていました。校内に弓道場があれば...と何度も思っていましたが、今ではそのことに感謝しております。道場を利用しやすいですし、市営のため高校生以外の方との出会いがあり、ご指導もしていただいているので。

学生時、弓は備品を使用していたので社会人となって弓を購入し、今でも時間があれば友人と道場に行っています。弓を引いていると伸びを感じられ、また、矢を放つ瞬間は解放感もあるので、リラックスできます。


総社市では夏のスポーツ教室に弓道があります。経験ゼロ・初心者向けですのでご興味のある方は是非参加されてみてはいかがですか?

技術生産部 開発課 田本有佳里


このページのTOPへ