おかめWEBトップ > グループニュース

【続報2】東日本巨大地震によるオーエムグループの現在の状態

-2011/03/16-

【続報2】東日本巨大地震によるオーエムグループの現在の状態をお伝えします。


3月15日(火)、社長をはじめとする支援チームが現地入りしました。
最新情報をお伝えします。


現在の状態
オーエム機器㈱、オーエム産業㈱とも岡山地区は正常に稼働しています。
オーエム機器 茨城工場とオーエム産業 栃木工場は操業停止となっています。
両工場とも生産再開に向けて動き始めています。


オーエム機器株式会社 茨城工場
  ・シャッターラインは復旧し、生産を再開しています。
  ・その他の生産ラインは操業を停止していますが、社員一丸となって生産再開に向け動いています。
  ・復旧に時間を要する生産ラインについては、岡山地区での代替生産を検討しています。
  ・断水、工場外壁の破損、工場床に亀裂などが発生しています。


オーエム産業株式会社 栃木工場
  ・本日3月16日(水)から試運転開始予定です。問題がなければ計画停電などに注意して、生産を再開します。
  ・計画停電は第3グループです。
  ・工場壁や床に亀裂が発生しています。
  ・栃木工場生産品は全て岡山工場で生産可能ですので、ご安心ください。


この情報は、現在把握できている速報レベルのものです。
社員の安否については、全員の無事を確認しています。
両工場の生産再開については、関係先に個別にご連絡するとともに、ホームページでも随時ご連絡します。



当社へのお問い合わせは、それぞれの岡山本社にお問い合わせください。

 オーエム機器株式会社 岡山本社  電話:0866-94-1100
 オーエム産業株式会社 岡山本社  電話:086-241-3201

【続報1】東日本巨大地震によるオーエムグループの現在の状態と被害状況

-2011/03/15-

【続報1】東日本巨大地震によるオーエムグループの現在の状態と被害状況をお伝えします。


現在の状態
オーエム機器㈱、オーエム産業㈱とも岡山地区は正常に稼働しています。
オーエム機器 茨城工場とオーエム産業 栃木工場は操業停止となっています。
両工場とも生産再開に向けて動き始めるとともに、岡山地区での代替生産を検討しています。


被害状況
オーエム機器株式会社 茨城工場
  ・停電は解消されました。社員一丸となって早期の工場再開に向け動き始めました。
  ・操業は停止しています。
  ・断水、工場外壁や事務所天井のエアコンが外れたり、工場床に亀裂などが発生していますが、
   インフラの復旧と設備の点検などにより、操業可能な状態ではないかと考えています。


オーエム産業株式会社 栃木工場
  ・以下のとおり、前回の情報から変更ありません。
  ・計画停電は第3グループです。
  ・工場壁や床に亀裂があるものの、設備の点検ができしだい、
   電気や水、薬品、ガソリンなどのインフラが確保できれば操業可能な状態ではないかと考えています。
  ・栃木工場生産品は全て岡山工場で生産できます。


この情報は、現在把握できている速報レベルのものです。
社員の安否については、全員の無事を確認しています。
工場の被害は上述のとおりですが、社員それぞれの生活に支障が出ていることもあり、
生産再開などについては、別途ご連絡いたします。



当社へのお問い合わせは、それぞれの岡山本社にお問い合わせください。

 オーエム機器株式会社 岡山本社  電話:0866-94-1100
 オーエム産業株式会社 岡山本社  電話:086-241-3201

*** 東日本巨大地震によるオーエムグループの現在の状態と被害状況 ***

-2011/03/14-

東日本巨大地震によるオーエムグループの現在の状態と被害状況をお伝えします。


現在の状態
オーエム機器㈱、オーエム産業㈱とも岡山地区は正常に稼働しています。
オーエム機器 茨城工場とオーエム産業 栃木工場は操業停止となっています。
両工場の生産品については、岡山地区での生産を検討しています。


被害状況
オーエム機器株式会社 茨城工場
  ・操業を停止しており、生産再開には時間を要すると考えています。
  ・停電、断水、工場外壁や事務所天井が落下、工場床に亀裂が発生しています。


オーエム産業株式会社 栃木工場
  ・操業を停止しています。
  ・計画停電は第3グループです。
  ・工場壁や床に亀裂があるものの、設備の点検ができしだい、
   電気や水、薬品、ガソリンなどのインフラが確保できれば操業可能な状態ではないかと考えています。
  ・栃木工場生産品は全て岡山工場で生産できます。


この情報は、現在把握できている速報レベルのものです。
社員の安否については、全員の無事を確認しています。
工場の被害は上述のとおりですが、社員それぞれの生活に支障が出ていることもあり、
生産再開などについては、別途ご連絡いたします。



当社へのお問い合わせは、それぞれの岡山本社にお問い合わせください。

 オーエム機器株式会社 岡山本社  電話:0866-94-1100
 オーエム産業株式会社 岡山本社  電話:086-241-3201

建築・建材展2011が始まりました!!

-2011/03/08-

建築建材展20112011年3月8日~11日まで、東京ビッグサイトで、建築・建材展2011が開催されています。


オーエム機器㈱も久しぶりに出展しており、石貼りフロア、スムーズクローザ-システム、シェルフ、ドーリーなどを展示しています。既存商品の拡販はもとより、新しいニーズを発掘発見できるよう、アンテナを高くして4日間を活用していきます。初日は、100名の方が当社のブースに来場されました!!


会場は、とてもきれいに装飾されたブースばかりで、木、鉄、シート、和紙、セラミックなどさまざまな素材がきれいに展示されています。見ているだけで心がウキウキしてくるものばかりで楽しい展示会です。


大勢の方の来場をお待ちしています。

「最高顧問の宝物が商工ジャーナルで紹介されました」グループニュースを更新しました

-2011/02/21-

商工ジャーナル2011年2月号「私の宝物」紙面で、最高顧問の宝物が紹介されました。


201102商工ジャーナル難波正義.pdf

社長のインタビュー「未来を語る」が日経新聞に掲載されました

-2011/01/17-

2011年1月13日(木)、日本経済新聞中国経済B面に新春企画で連載された「未来を語る」において、当社社長へのインタビューが掲載されました。


20110113日本経済新聞_未来を語る.pdf

Road to SHOKUNIN~電気めっき技能士への道~ オーエム産業㈱ 技術グループ 剣持仁志

-2010/12/20-

"絶対に落ちることのできない試験"がそこにはありました。


めっき専業社として、かつては技能士はもとより現代の名工と呼ばれるマイスターまで在籍していたのですが、ここ十数年間におけるめっき種の変化や設備の変化もあり、いわゆる"めっき職人"が減少しているというのが実態でありました。


そこで会社が私に課した任務は「国家資格である電気めっき技能士を確保せよ」というものであり、また、「記念すべき(?)第1回目は管理職5名が受験せよ」ということでした。


技術グループとして、社内教育の推進を目標管理の重点テーマとして掲げている手前、特に断る理由もなく「いいっすよ♪」と、安請け合いしてしまったのが苦難の道への第一歩でした。

続きを読む

オーエム機器本社に石貼りフロアを敷設

-2010/12/13-

オーエム機器本社石貼りフロア既報のとおり、羽田空港第2ターミナル美術館ならびに羽田空港国際線ターミナル免税店にご採用いただいた"石貼りフロア(白色系御影石)"を本社2F受付前に敷設しました。

 

 

お越しになられた際は、ぜひ石貼りフロアの感触をお確かめください。

 

 

なお、東京営業所にも石貼りフロア(白色系御影石)とセラミックタイルフロアの2種類を敷設し、直接ご確認いただけるようになっておりますので、お近くへお越しの際はお立ち寄りください。

 

 

 

※ 美術館は石貼りフロア(黒色系御影石)、免税店はセラミックタイル貼りフロアの仕様になっています。

石貼りフロアシステムが新聞に掲載されました

-2010/11/15-

石貼りフロアシステム20101112山陽新聞記事2010年11月12日(金)、山陽新聞の地方経済欄に、オーエム機器が開発した「石貼りフロアシステム」が掲載されました。

 

 

今秋開校した羽田空港新国際線ターミナル免税店にセラミックタイル貼り仕様が採用され、さらに羽田空港国内線第2旅客ターミナルに開館した美術館には黒御影石を用いた石貼りフロアシステムが採用されています。

 

 

このシステムは、二重床システムとして床下配線が可能となるため店舗などでのレイアウト変更の自由度が増すことに加え、従来工法で直に床面に石を張り付けた場合と違い改装時に石を壊して廃却するような大がかりな工事が不要となるなど環境にもやさしい商品です。

小学生会社見学ツアー2010開催

-2010/06/14-

説明に聞き入る!?6月8日(火)、大元小学校の3年生の中で選抜された!?41名が当社の見学にやってきてくれました。

毎年、何かしらの形でおこなわれる子どもたちの会社見学会ですが、今回も楽しんでもらえたかな?

1  2  3  4  5  6
このページのTOPへ