おかめWEBトップ > ドットヨムリレー随筆(オーエム産業) > 趣味 メッキ第四事業部(栃木工場) 加藤隆夫

趣味 メッキ第四事業部(栃木工場) 加藤隆夫

-2020/09/28-

写真(加藤).JPGこんにちは。残暑も和らぎ朝晩涼しい秋の空気に覆われ、季節の変わり目を感じる今日この頃、皆さんお変わりないでしょうか。季節の変わり目は、体調を崩しやすいと言われておりますので、どうぞご自愛ください。

 

さて、今年の夏は最高気温の記録を各地で更新する暑い夏でした。私の住んでいる栃木県佐野市も摂氏40度弱まで気温が上がりました。暑さには慣れているつもりの私ですが、こう暑いと冷たいものに心惹かれます。キンキンに冷えたビール、アイス、真冬の海などなど・・・。「真冬の海?」と思った皆さんに質問です。みなさんは真冬の海に入ったことがありますか?

 

実を申しますと、私の趣味はサーフィンです。春夏秋冬、波さえ良ければ海に入ります。26歳で始めて早10年となります。好事家の習い事程度の実力ではありますが、今でもその魅力に憑りつかれております。その魅力について言葉で表現するのが難しいものですが、私の感じている魅力を書こうと思います。

 

サーフィンの魅力。生意気に言うならば、「自然を予測して観測する」でしょうか。サーフィンは日本語で「波乗り」と申しまして、波に乗るスポーツです。発祥は太平洋諸島の先住民がイカダや船を使い、波を乗りこなす様が進化したものと言われております。(※諸説あります)

 

つまり波がなければできないスポーツです。日本は海に囲まれた島国で波はどこかに必ずありますが、自分が通っているビーチにどのタイミングで波が入ってくるのかが重要で、タイミングを逃すと波は小さく無くなってしまいます。ですので、自分がビーチに行けるタイミングに波があるかどうかを天気図や波浪情報を見て予測します。何月何日の何時から波が入り、風向きなどを予想してビーチに行く計画を立てます。

 

予想が外れることは良くあります、自然相手のスポーツですので。そんな中でも楽しむことは忘れません。最善を尽くして遊びます。情報を分析して仮説をたて、その仮説を確認するためにビーチに行き、結果を受け入れ次の予測に繋げていく。サーフィンは実に科学的な奥の深い魅力的なスポーツだと思います。今宵もまた波の在りかを探してしまいます。

 

次のリレー随筆は第四事業部、製造係 細川班長にお願いします。

 

オーエム産業㈱ メッキ第4事業部(栃木工場) 加藤隆夫(2020年9月:第227号)


このページのTOPへ