おかめWEBトップ > ドットヨムリレー随筆(オーエム産業) > 流れ者 めっき課 大河内陽介

流れ者 めっき課 大河内陽介

-2013/08/26-

始めて約1年、なかなか上達しません・・・こんにちは。去年の暮れにN-2から複合NIに移った大河内です。初めてのリレー随筆なので今回は、僕が岡山に来てオーエム産業にお世話になるまでの経緯をざっと紹介しようと思います。


僕が生まれたのは神奈川県川崎市。といっても住んでいたのは2歳頃までなので、この頃の記憶は全くなし。記憶があるのは、大阪府茨木市に越してきてから。大阪には小学校4年生までいました。なので僕が初めて言葉を覚えて喋るようになったのは大阪弁。そう言えば昔母親が言っていたんですが、僕は周りの子より、喋れるようになるのが遅くて心配したそうです。近所の1つ下の女の子が歌を歌っている頃、僕はまだ片言だったそうです。その代わり立って歩くまではメチャメチャ早かったそうな。同年代の子がまだハイハイなのにぼくはもう駆けずり回っていたそうです。小学生の頃は、結構やんちゃで、毎日先生や親に怒られていました。

 

 

次に引っ越したのは、大阪府富田林市。ここに居たのは半年のみ。急遽父親の転勤が決まり今度は山口県へ。僕としては、父親一人単身赴任してくれて構わなかったんですが、基本的に家族が一緒というのが決まりだったようです。山口県には、高校を卒業するまでいました。中学、高校の頃はというと、そこそこおとなしくなり(たまに悪いこともしましたが)いたって普通の子だったと思います。その代わり部活のバスケットにはまっていました。成績はみなさんに言えるようなものではなかったんですが、まあ楽しんで励んでいましたよ。


続いて家族が引っ越しした地は、広島県。ですが僕は、福岡の北九州の方に大学の進学が決まったので、初めての一人暮らしで北九州の方へ。大学生活はというと、遊んでばっかだったかなぁ。あとはアルバイト。まあそんなもんでしょ(笑)。そして僕が大学を卒業する頃、実家は広島から岡山へ。その後、僕は家族と合流し、現在の岡山に来ることになったのです。それから、縁あってオーエム産業に入社することになりました。数年前まで、まさか岡山に来るとはおもってなかったけど、今の仕事をしている限り岡山で永住かな~。でも岡山は結構いい所なので気に入ってます。最近では絶対に喋らないと思っていた岡山弁が少しうつってきたよ~な?(^^♪


オーエム産業㈱ めっき課 大河内陽介(ドットヨム53号:2006年3月)


このページのTOPへ