おかめWEBトップ > ドットヨムリレー随筆(オーエム産業)

めざせ!!プロボウラー(笑) 工場管理係 板鼻将志

-2014/01/13-

来るか、OMボーリングブーム!?こんにちは。板鼻です。僕の出身は総社市山田、緑豊かな山々と辺り一面を覆い尽くす程の田畑に囲まれた田舎の中の田舎で育ちました。7月からお世話になっています。



今、僕がハマッテいるもの、それがボウリングです。高校を卒業し、何か没頭出来る趣味は無いかと探していた所に、友達からのボウリングの誘いがありました。気楽に来てくれればいいからという言葉を真に受けて行ってみたら、いよいよ本気の賭けボウリング。しかもピン100で10ゲームのとんだギャンブル、もちろん殆どボウリングをやったことのなかった僕が勝てる筈も無く、あっけなく惨敗。(笑)



でもボウリングの楽しさが忘れられず、それからは毎週のようにボウリング漬けの日々を送り、段々と上手くなっていきました。最近ではマイボウルとマイシューズを手に入れ、若者を中心に流行っている?カーブを極めて大ブレイク!(笑) 最近はコテンパンだった賭けボウリングも超激戦に! 時にはアベレージ200超えで一人勝ちなんて事もありましたね。



ボウリングというのは奥が深くて、同じ様に見えるレーンでも床のオイルコンディションやボウルに付くオイルが物凄くプレーに影響してくるんです! だから常に最高のパフォーマンスを出せるようにボウルやシューズのメンテナンスは欠かしません。老若男女問わず、誰でも楽しめるスポーツなので皆さんも是非!



オーエム産業(株) 工場管理係 板鼻将志(ドットヨム145号:2013年11月)

運転免許証 製造部 高橋一郎

-2013/11/11-

汗と涙とカンニングの結晶?こんにちは、高橋です。


旧岡山メッキ工業㈱総社工場にボイラーマンで入社し、たくさんの人に出会いながら40有余年。この7月、皆さんと新たな出会いになりました。


今日は、米国の運転免許証との出会いをご紹介致します。それは、2003年1月5日、小雪が降る岡山空港より、シカゴから南へ約190キロのEWI(現在のアステア子会社)に赴任致しました。30時間の英会話教室のみで、全く英語がしゃべれない私に課せられたものは、運転免許証(ドライバーライセンス)取得でした。警察署でテキストを貰い、仕事を終えてまず夕食(自炊)、次に勉強。それもそのはず、テキストが英文ですから・・・。辞書を片手に和訳からです。なぜこんな歳で、米国で試験勉強とは・・・。

 

 

続きを読む

焼き芋 品質管理課 尾添さつき

-2013/11/04-

つい食べたくなります♪こんにちは、尾添です。私も自己紹介から始めたいと思います。



出身は島根県出雲市、最高に泣き虫だった幼稚園時代を乗り越え小中高と友達と楽しく過ごしました。大学進学を機に大都会岡山に出て、そのまま今年岡山で就職しました。


学生時代に岡山の人とあまり関わらなかったので、入社してから方言と訛りに圧倒されています。私は普段は出雲弁で親、友達と会話をしていますから、きっと私も訛っているでしょう...。

 

 

続きを読む

ルアーフィッシング 栃木工場 目黒英男

-2013/10/28-

カ・イ・カ・ン♪こんにちは、栃木工場目黒です。私も自己紹介したいと思います。


出身は勿論栃木県、地元県立鹿沼高等学校を卒業後、神奈川県麻布大学に進学。卒業後、家庭の事情もあり、家業を継ぎ、母が亡くなったのをきっかけに就業し、現在こちらでお世話になっております。


趣味はルアーフィッシング全般。海無し県ですから、主に対象魚はブラックバスや岩魚や山女、鯰、雷魚、淡水魚でルアーで釣れる魚は何でも好きで何でも狙っちゃいます。

 

 

続きを読む

家族と我が家のエピソード めっき1課 酒井謙

-2013/09/02-

そりゃ痛いよね...こんにちはー。まだ先だと思っていたのにリレー随筆が、ついにまわってきてしまいました。何を書こうか迷いましたが、初めてなので家族を紹介したいと思います。


まず、私は部活動で陸上をやっていました。当時は、筋肉モリモリでがんばっていました。現在は、全く・・・。冬は、家族でスキーを楽しんでいます。 その家族は、最愛の妻と小学生(4年生と1年生)の娘2人の4人家族です。現在、妻は専業主婦(4月から仕事に出ますが)をやっており趣味で毎週バトミントンを楽しんでいます。前に一度覗きに行ったのですが、これが結構本格的なので驚きました。もう一つの趣味は、ダイエット(自称)ですが隠れてよくチョコレートを食べています。

 

 

続きを読む

流れ者 めっき課 大河内陽介

-2013/08/26-

始めて約1年、なかなか上達しません・・・こんにちは。去年の暮れにN-2から複合NIに移った大河内です。初めてのリレー随筆なので今回は、僕が岡山に来てオーエム産業にお世話になるまでの経緯をざっと紹介しようと思います。


僕が生まれたのは神奈川県川崎市。といっても住んでいたのは2歳頃までなので、この頃の記憶は全くなし。記憶があるのは、大阪府茨木市に越してきてから。大阪には小学校4年生までいました。なので僕が初めて言葉を覚えて喋るようになったのは大阪弁。そう言えば昔母親が言っていたんですが、僕は周りの子より、喋れるようになるのが遅くて心配したそうです。近所の1つ下の女の子が歌を歌っている頃、僕はまだ片言だったそうです。その代わり立って歩くまではメチャメチャ早かったそうな。同年代の子がまだハイハイなのにぼくはもう駆けずり回っていたそうです。小学生の頃は、結構やんちゃで、毎日先生や親に怒られていました。

 

 

続きを読む

衝動買い 品質管理課 篠原慈学

-2013/08/19-

イジりたおしたマークⅡ♪どうもこんにちは。品質管理課品質3係の篠原です。前号のチャラ光君・・・いや、安光君から面白い人と、ハードルを上げられている、あの篠原です。


まあそんな事はさておき、僕も自己紹介から始めたいと思います。


篠原慈学(やすみち)、岡山県倉敷市出身、天城高校から、大学は島根大学へ通い、晴れてオーエム産業へ入社しました。

 

 

続きを読む

自転車 品質係 増田将也

-2013/07/29-

愛車です☆こんにちは,品質係の増田です。入社して1年と1ヶ月,ついに、というべきか、早くもと言うべきか、リレー随筆が僕のところに回ってきてしまいました。実は普段から、もしリレー随筆が回ってきたら何を書こうかといろいろと考えていたりもしたのですが、いざその時が来てみると、よしこれについて書こう、と決断できないというこのていたらく・・・本当、われながら情けないものです。でも、よくよく考えてみればこれは随筆。随筆とはつれづれなるままに書き綴るもの(?)。ならばいっそのこと、テーマを決めずに思うさま書き進めてしまうのもいいんじゃないかと思ってみたり・・・。


最近、自転車を買い替えました。以前乗っていたやつが壊れてしまったからなんですが、やっぱり新品の自転車っていうのは乗り心地がすばらしい。まあ,そもそも前の自転車は,駅前の自転車屋で中古で売ってた五千円の安物なんで、それと比べたら乗り心地が良くて当然なのかもしれませんが。

 

 

続きを読む

天狗の山 技術係 山下達矢

-2013/07/22-

木の根道こんにちは、ついに書くことになってしまいました技術係の山下です。これを書いているのが締め切りぎりぎりなので少し焦っていたりします。趣味のことを書こうと思っていたんですが、今日は最近よく行く旅行のことを書こうと思います。


先日、家族で京都の鞍馬山に行ってきました。ここは、牛若丸が天狗と出会い、修行した場所として有名です。標高差200mの山なのですが、歩いてみると意外に勾配があってたいへんな場所でした。

 

 

続きを読む

叶夢・トトリ めっき1課 瀬の内いずみ

-2013/07/15-

将来なにになろうかな?①みなさんこんにちは。ついに回ってきてしまいました。フープで検査をしている瀬ノ内です。何を書こうか悩んだ末、我が家のわんぱく坊主の叶夢(トム)と、父母の家にいるトトリ1号・2号のことを書きます。


トトリ1号・2号とは、父が焼鳥屋さんから、もらってきた烏骨鶏です。どうしてトトリ1号・2号と言いますと、どうやら叶夢は、小鳥と言っているみたいなのですが、何度教えてもどうしても、トトリになってしまうのです。そのトトリと言ったら贅沢で、ちょっと前までスイカが大好きであげると喜んで食べていたのですが、最近はチンゲンサイが大好きみたいです(高いのに~(―_―)!!)。叶夢が手にチンゲンサイの葉っぱを持ってあげると、すごい勢いで食べています。やっと最近、2羽の内どちらかが、卵を産むようになったのですが、我が家にはまだ、トトリ達の卵は回ってきません(ToT)。すごく美味しいらしいので楽しみにしているのですが・・・父母の家に行った時に叶夢が、トトリ達をいじめてしまうので、落ち込んで卵を産まなくなってしまうようです。どうして叶夢にトトリ達をいじめてしまうのかと聞いたところ、1号が2号をいじめているから、2号の仕返しをしているみたいな事を言うのですが(叶夢の正義)、私からするとどちらが、1号か2号かは分かりません(?_?)。近いうちに、父がまた焼鳥屋さんから、トトリのヒナをもらってくるそうです。叶夢は、とても楽しみに待っているみたいです (●^o^●)。早く、かわいいトトリ達の卵が食べたいです。

 

 

続きを読む
2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
このページのTOPへ